戦後70年企画 1995年9月に発行 「語り継ぐ未来へ」私と戦後50年 ピックアップアーカイブス

語り継ぐ未来へ 私と戦後50年 九州機関紙印刷所刊「語り継ぐ未来へ…私と戦後50年」は1995年の夏、戦後50年を迎えるにあたって平和をゆるぎないものにするためには、私達自身の「出発点」「原点」を見つめなおし確認することから始めなければならない、との思いから戦争と平和にまつわる体験と想いを寄せていただきまとめたものです。
九州機関紙印刷所の呼びかけにこたえて58人の方から作品が寄せられました。
今回は、8月15日の終戦記念日まで、その作品のなかからいくつか紹介していきます。

● 15年06月10日 「語り継ぐ未来へ」私と戦後50年

名簿から

森一作  同窓会名簿に「昭和二十年五月十一日、南西諸島方面にて特攻戦死(神風特別攻撃隊)」と小さくでているM君 […]

続きを読む


● 15年06月10日 「語り継ぐ未来へ」私と戦後50年

『侵略戦争』はなんのために

甲斐原有 「オウム眞理教」の麻原彰光が捕えられた時、麻原はサリン事件のことで質問され、麻原は「私は目が見えない […]

続きを読む


● 15年06月08日 「語り継ぐ未来へ」私と戦後50年

人生の転換点・戦後五十年に

下屋敷之義  五十年前の八月十五日、私は満州(現中国東北部)ハルピンの関東軍兵技兵・教育隊で終戦の「玉音放送」 […]

続きを読む


● 15年06月08日 「語り継ぐ未来へ」私と戦後50年

五十年前、私は一度死んでいた

吉田照雄 「おーい、おーい」遠くで誰かが呼んでいる。 「起きろ、吉田起きろ。吉田」 だんだん声が大きくなり近く […]

続きを読む


● 15年06月08日 「語り継ぐ未来へ」私と戦後50年

新しい時代の夜明けの為に

上原文雄  過去を語ることが出来ない者は、未来を展望する事はできない。政治が歴史を偽造して過去を未来に求めるな […]

続きを読む


● 15年06月05日 協会ニュース

【連合通信】1165号 2015年5月5日 連載企画「この人」 外注費増額要求で下請けのベアを支援

九州朝日放送労働組合書記長  高柳 徹さん 九州朝日放送(福岡市)の労働組合は今春闘で、同じ職場で働く下請け従 […]

続きを読む


● 15年06月05日 協会ニュース

【連合通信】1166号 2015年5月20日号 神奈川 現場のトイレが足りない! 建設労組が増設実現

労働者の数に対して極端にトイレの数が少ない工事現場をめぐって、神奈川建設労連が元請である大成建設に改善を要求。 […]

続きを読む


● 15年06月05日 協会ニュース

福岡県歯科保険医協会市民公開講演会 5月30日・福岡市 「こうして貧困は作られる~取材の現場から」

「こうして貧困は作られる~取材の現場から」 毎日新聞の東海林 智氏記者が講演 東海林記者は、社会部、サンデー毎 […]

続きを読む


● 15年05月29日 「語り継ぐ未来へ」私と戦後50年

故旧忘じ難し 「死んだらいがね」 

瀬川負太郎 一、 敗戦の年の三月、休暇が出た。陸軍船舶情報連隊特別幹部候補生、私は座金付き(候補生の印で現役兵 […]

続きを読む


● 15年05月29日 協会ニュース

日本機関紙協会九州地方本部公式ホームページがリニューアルオープンしました

日頃より、日本機関紙協会九州地方本部のホームページをご利用いただきありがとうございます。 日本機関紙協会九州地 […]

続きを読む